阿八哈/びぃるの名で活動しています。 いっそのこと「阿八哈びぃる」に統一するかどうか検討中らしい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
20130329
2013年03月29日 (金) | 編集 |

そうだねー。


もうすぐ、4月1日だねー。


4月馬鹿だねー。


あれだよね、あれ4月馬鹿じゃないよね。
|ω・)ンナワケネー


で。


最近ルナドンやってみた。


第三の書ね。


クリックするとおっきくなるよ。
|ω・)


322年7月23日黒坊主彌介降り立つ


世界の名前は HAROM-AINCRAD にした。


HAROM は három のことで、3番目を意味する。


第三の書からの3ではなく、彌介で3回目のプレイなのだ。
|ω・)


このゲーム自働セーブで、死んだら一定条件以外では即ゲームオーバー。


というゲームだす。


非常にマゾいゲームだす。
|ω・)


まあ、このゲーム、想像力を働かせないと、楽しくないよ。


ある意味、テキストベースのゲームをしたことあるような人じゃないとね。


ローグとか。


ゲームの話はそこまでにしておいて、キャラの説明を。


名前は信長の家臣だった黒人奴隷の彌介から取ってるのは言うまでもない。
|ω・)


奴隷なのに士分と名前まで与えた信長ぱねーっす。


この人は家族も大事にした(女性含め)らしいので、やっぱり時代の先駆者だったのだろう。


本物の彌介はどうなったのか、誰も知らない。


もしかしたら、誰か匿って天寿を全うしたかもしれないが。


ただ、当時は奴隷==物であるわけで、それは奴隷制度の無かった当時の日本でも認識が変わるわけではない。


信憑性は定かではないが、明智光秀は動物という扱いをしている。


つまり、信長や余程信長の理解者でなければ、放置されてるだろうね。


その数少ない理解者がその当時近くに居たのかどうか。


それは誰も分からない。
|ω・)


で。


まあ、とりあえず、ルナドン第三の書に彌介が転生したってことで。


ちなみに地図はこんなの(おっきくならないよ)


都市


メモが入ってるのは、移動に必要な日数。


で。


まあ、あの貧弱さなんだが。


死んだら終了な世界で、あの能力値。


ちなみに、最弱のイナゴ4匹でギリギリ勝てるというレベルだす。
|ω・)


そんなマゾいことをあえてします。


で。


途中経過は飛ばし。


327年4月4日黒坊主彌介刹那都市にて訓練終了


4年半が経過。


まだ、弱いものの、デカハムスター相手なら余裕で戦えるレベルに。
|ω・)


しかも、途中で妖精から買ったビアドソードを装備できるように。


まあ、それ以外が貧弱すぎるけど。
|ω・)


ともかく、ちょいちょいプレイして、このまま死なずに行けたらUPして行くだす。



んじゃー、今日は終わりー。
|ω・)ノ




スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2013/03/29 06:25 | 雑記 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。