阿八哈/びぃるの名で活動しています。 いっそのこと「阿八哈びぃる」に統一するかどうか検討中らしい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
SAO4コマ更新
2012年09月25日 (火) | 編集 |
さて、ようやく描けた。

そぅどあぁとおふらいん_さち外伝_02



手が遅いのはデフォであり、文句は受け付けない。
|ω・)


あと、出来る限りキリトをイケメンに描いた。


これがわしの限界サー。
|ω・)




で、原作のサチとキリトの関係について考察。



これはわしの見解だが。



恐らく


サチ → キリト の関係は、頼りになる、一緒にいて安心できる人
サチ ← キリト の関係は、面倒を見ているうち若干の恋愛感情が出来た


と言う感じがする。


年齢の考察をすると、アスナに打ち明けた段階でキリトが16歳であることを考えると、
当時は15歳、サチは現実世界でのコンピュータ研究会に属し、部長とタメで会話してる
ことから考えて当時17~18歳だと思われる。


このあたりが、二人のそれぞれの視点の違いが出てるのではないか。


つまりは、サチは自分の精神的な支えのために、たまたま近くに居たキリトに頼ったという程度。


最終的にアイテム共有してることを考えると、サチが死ぬまでの間に相当の関係になったと思われるが、アスナとキリトの最終的な関係ではなかっただろう。


また、キリトが若干恋愛感情を持ってることには気づいていたと思われる。


それが、あのボイスレコーダーのようなアイテムとして残したのではないか。


多分他の奴らには残して無さそう。


ただ、このことが後々人づきあいが苦手なキリトが、基本ソロでありつつ、攻略組と共に行動することに繋がっていくのだろう。


そしてアスナとの関係が深まるにつれ、サチは忘れられていくのだ。


サチは犠牲になったのだ。
|ω・)



で。


これに関連して、アクセルワールドのヒロインである黒雪姫だが。


直接関係ないだろうが、この名前の付け方には関連があると思われる。


黒 → キリト
雪 → 白 → アスナ
    結城 → アスナ
姫 → 子供(娘)


とも取れる。


どっちが先かは知らないし、思い過ごしかも知れない。


また、黒雪姫は友達から「さっちゃん」と呼ばれている。


そのことから、少なくとも本名に「さち」が入る。


恐ろしいくらいの偶然の一致から、わしは怪しいと思ってる。
|ω・)




んじゃまー、今日は終わりー。
|ω・)ノ



スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2012/09/25 10:14 | 雑記 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。