阿八哈/びぃるの名で活動しています。 いっそのこと「阿八哈びぃる」に統一するかどうか検討中らしい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
上司の資格とは何だ
2010年12月05日 (日) | 編集 |
さてさて。


まあ、この前ストパン2のBD第3巻が届いたので早速リッピングして見ている。
|ω・)何度見てもBDに傷付かないしな

個人的にお気に入りの一つであるエイラとサーニャの話(第6話)があるわけだが。

イイハナシダナー。


特にここのシーンとかが好き。
20101205.jpg

ウラルの山に手が届きそう。
このままあの山の向こうまで飛んでいこうか。

というサーニャの言葉に

私はサーニャとならどこへだって行ける。

というエイラの言葉のシーン。

最高だわー。
|ω・)

まあ、何も知らん人は何のシーンかすら分からんのだろうけど。
|ω・)

ストパンはパンツアニメだとか、中身がないとかよく言われるが、そこいらに氾濫してるアニメの方がよっぽど中身ないぜ。

むしろ話の出来もいい方だ。

お楽しみもあるしな。
20101205b.jpg

20101205c.jpg

|ω・)台無し




で、ニコニコアニメ。
おとめ妖怪ざくろ。


今回もニヤニヤが止まらない一方で。
ノД`) アゲマキ カワイソス

そして利劔がヘたれる。
一気に白けて薄蛍の機嫌が損なわれる。
|ω・) オンナゴコロ ガ ワカッテネーナ
|ω・) オマエ ガ イウナ





で。本題。
くだらないので最後に持ってきた。
|ω・)


上司の資格とは何ぞや。

ホントこう思いたくなる人は多いだろう。

わしもそう思ってる。

つか、元々上司に何を期待してるかって言うたら、もしもの時の最後の頼りだろ。
普段は何もしなくてもいい。

だが、守る時には守ってくれるっていう。

ところが、そんな良い上司に恵まれることは結構少ないだろう。

わしのところも、どちらかというと後ろで包丁を持ってるって感じだし。
|ω・)

で、外部(というても組織としては内部、別部署ってこと)に弱く、言われたまんま。
外部で言われたことをそのまんま持って帰って、何とかできないかと言う。

下は現状でもヒィヒィ言ってんのに、さらに追い討ちを掛ける。
ついこの前の出来事だったが、最初なんか。
結論から言うと、自分の部署にその日にようやく届いた書類を即日で処理しなければならないくらいの無理プレイを要求してきたってことだ。
当然外部の連中は知らんだろうが、あんたは知ってなきゃ行けないことだろ。
それを外部に言われて、ハイハイを持って帰ってきて平気で言う。

やれやれだよな。

その一方で、アルバイトとか契約職員との確執とかあっても放置だし。
ギャーギャー仕事時間中に話してても放置だし。

まあ、なんて言うのかな、辛辣な言い方をするなら「貴方は上司に向いてない」と言いたいくらい。
|ω・)


そして以下の言葉は本当にあった言葉

「自分は残業代が出ない」
「法定外の残業は個人が勝手に残っている」
「法定外の残業代は出さない」

言ったら駄目だろ、何考えてんだ?
まあ、わしが同じ立場なら全く違うことを言うだろうな。
それが何かは言わないけど。
つーか、人を束ねてるってことを自覚してくれ。

で、あと。

「○○○の機嫌を損ねると、協力してもらえなくなる」

最後のなんて「は?」ものだぜ。
協力?
機嫌を損ねて協力無しって、格下扱いかよ。
その時点で相手になめられてるって解んないの?


まあ、もういいけどなー。
だって契約切れまでの我慢だしー。
もうどうだって良いよ、あんたらの組織がどうなろうとなー。




で、それはそうと。
灰羽連盟のBDが出てるらしい。
 →リンク先:灰羽連盟BD

イイナーイイナーイイナー。
ホシイナー。

どうしよう。



んじゃー、今日は終わりー。
|ω・)ノ








スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2010/12/05 05:25 | 雑記 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。