阿八哈/びぃるの名で活動しています。 いっそのこと「阿八哈びぃる」に統一するかどうか検討中らしい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
20090110雑記
2009年01月10日 (土) | 編集 |
えー。
正月に入ってからこの週まで2つのアニメを見ました。

エウレカセブン(古っ)とコードギアスですね。
2つとも全50話と長く、結構疲れました。

感想としては。

エウレカセブン
 まあ、あれですね。好き嫌いが完全に分かれるアニメと言えるかも。
 キャラクターが子供っぽい(まあ、実際子供だけど)ため、結構いらいらするところはあります。
 (思考とかね)
 あとは、話的に50話は長いってことか(25話でちょうどいい感じだと思う)
 ちなみに、サッカーの回は神であるとだけ言っておきます。

コードギアス
 これも好き嫌いが分かれるだろうけど、人気的には明らかにこちらの方が出る(まあ実際そうだし)アニメです。
 話的にはテンポがかなりよく、エウレカセブンと違い冗長なところは全くない、といっても過言ではありません。
 そういう意味では超良作アニメと言えます。
 ただ、お気に入りキャラクターが死ぬなんて嫌っ、って人はダメかもですね。
 

以下、わしのお気に入りキャラ紹介(ネタばれあり)


 

【エウレカセブン】
 
 エウレカ
  まあ、ヒロインですからね。他のアニメや漫画などによくあるように謎が多い少女なわけですが、レントンに影響を受けてるせいか子供っぽいところがあり、その辺も人気に影響してるかもしれないですな。
  で、結局のところ二人は死んだのか生きてるのかハッキリしません。
 
 レントン
  主人公なわけですが思考がリアルに子供っぽく、上記に書いているとおり人気に影響を及ぼしているとしか思えないキャラですな。
  このアニメはとにかくエウレカとレントンがくっ付いたり離れたりが繰り返されています。
  仲直りをしたかと思えば、次の回では早くも喧嘩をしたりとか、現実の思春期の子供そのものです。
  また、そういったやり取りの中での会話もリアルさが出ているため、イライラすることも多い。
  おそらくはそういう意味でも人気が出なかったのかな、という感じです。
 
 ゴンジイ
  謎のジジイですw
  話の中で登場することは殆どなく、何故このキャラがいてるのか不思議にさえ思いますが、その理由は最終話で分かります。

 アネモネ
  個人的に一番のお気に入りキャラ。
  感情がその時どきによって激しく変わり、世話係のドミニクによく暴力を振るなどします。
  通常アニメではこういうキャラが主人公達のライバルキャラとなるはずなのだが(実際最初の頃はそんな感じがあったのだが)、中途半端なライバルキャラとなっています。
  この辺りも、人気に影響してるかもしれません。
  薬を投与された後、かなりハイな気分になるため、最初の頃はアレな薬を投与されてるのかと思っていたw、が実際は大量の鎮痛剤であったw
  アネモネの見所は48話にありますので、アネモネの結末がどうなるのかはそこまで見る必要があります。

 ドミニク
  アネモネに度重なる暴力を受けながらも、好意を持ち続けるマゾキャラwというイメージが最後の方までありますが、48話を境に180度変わります。
  まあ、それは見てのお楽しみということで。

 チャールズ&レイ
  主人公レントンがゲッコーステイトを降りた時に知り合った夫婦。
  レントンを実の子供のように可愛がり(レイが子供を作れない体であったことも影響している)、養子にまでしようとしたが、結局はレントン自身がゲッコーステイトに戻ることを決意したため、
 そうはならなかった。
  のち、ゲッコーステイトのホランドと戦闘になり、チャールズは死亡、レントン自身が初めて見ることとなった知り合いの死体となる。
  レイもその後、チャールズの仇を討つ為にホランドと戦うが、敗れ死亡した。

______________________________________

【コードギアス】

 ルルーシュ(ゼロ)
  まあ、主人公ですからw
  主人公のわりに悪人キャラで、かなり酷いやつでもありますが、その行動すべては妹ナナリーの幸せためにあります。所謂シスコンであるが、シスコンと感じさせない辺りもいいですね。
  ただ、妹のために生きてるって感じなため、完全なヒロインキャラが存在しないわけだが、物語が秀逸であるため、そんなことはどうでもよくなりますw
  この話の最後は、すでに最初から予想は出来てました(100%そう思えたのはルルーシュが皇帝になってからだが)
  まあ、やっぱりな、って感じですが、それでもそれまでの物語の見せ方がかなり良いため、さすが人気が出た作品だ、という感じです。

 スザク
  主人公の親友であり、堅物で最大のライバルキャラ。
  通常漫画やアニメの主人公といえばスザクが該当するキャラである。
  1期で自分が守るべきユーフェミアがルルーシュに殺されたため、2期の終盤までは敵となっていたが、終盤で大どんでん返しがあるとはw
  ある意味、わしの予想が外れたやつである(大筋は外れてないけど
  
 C.C
  ルルーシュにギアスの力を与えるキャラなのだが、1話であっさり死んでしまうので、えっ!?って感じだったのだが、不老不死だっただけという。
  ピザをこよなく愛し、ルルーシュの金でピザを買っては食っています。
  まあ、このキャラがヒロインであるといえば言えるわけだが、後述のカレンの存在があるため、なんとも言えない。
  しかし、一時期を除いては最初から最後までルルーシュの傍にいたのは彼女だけである。
  この物語のキーパーソンであるわけだが、姿を隠すようなことはまずなく、学校中を勝手に歩き回ったりして、ある意味ルルーシュの嫌がらせwをする。
  
 カレン
  ルルーシュが設立した黒の騎士団の武の要。
  ルルーシュ自身の警護役もあって、常に近くにいるため、段々と好意を持つようになる。
 (と、言ってもゼロの正体を知らないため、ゼロに対してだが)
  ゼロの正体がルルーシュと分かっても、好意があくまでゼロに向けられているものだという点がかなりいいですね。カレンの性格が出てて。
  そういう意味では一番好きなキャラです。
  そして、最初の頃の搭乗シーンでは普通の乗り方だったのに、途中からコックピットの仕様変更もあり、かなりエロくなったのも良いw
  ちなみに、カレンだけが最後(最終話)までゼロ(ルルーシュ)に対する好意を持ち続けた女性キャラである。(まあ、C.Cもルルーシュに好意は持ってはいるが、大きさはカレンの方が上)

 ナナリー
  えー、主人公ルルーシュが悪の道に染まった原因であるw
  そう、ナナリーの存在が無ければ、ルルーシュは一学生で終わっていただろう。
  登場人物の中では最も年齢が下(14歳)であるため、その筋のやつらには人気があると思われる。
  最初の方では確かなかったと思うが、2期の途中から触れた人物の思考がある程度読める能力を持っていることが分かる(最終話への布石か)
  まあ、このキャラで一番びっくりしたのは、フレイヤに巻き込まれたのに生きていたことである。
  てっきり死んだと思ってたのにw

 シャーリー
  一言で言えば、ヒロインになれなかった女の子w
  ただ、恐らくはルルーシュを一番愛してたのは彼女であると思われる。
  でも、結局ヒロインにはなれなかったとw
  彼女をメインに扱った話は結構あるが、殆どハッピーなものではありません。
  ルルーシュを際立たせるための重要人物という感じですかね・・・悲しいことに。
  唯一彼女にとって良かったのは、最期に告白が出来たということくらいです。
 
 ジェレミア
  オレンジ君の異名wを持つキャラ。
  てっきりただの負け犬キャラで、そのうち居なくなるだろう、と思っていたら、ずっと出続けるし、何かあるのか?と思っていたら大どんでん返しがありましたw
  男キャラの中では一番好きなやつになりましたね。


まあ、こんな感じかな。
あと、なんか良いアニメあったら教えておくれ。
もっとも、見るのは数年後のことになるかもしれないがw

|ω・)ノ


あと、それぞれの公式サイトでも載せとくか

エウレカセブン

コードギアス(1期)

コードギアス(2期)



スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2009/01/10 04:28 | 雑記 | Comment (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。