阿八哈/びぃるの名で活動しています。 いっそのこと「阿八哈びぃる」に統一するかどうか検討中らしい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
20130429
2013年04月29日 (月) | 編集 |
さてさて。


ゴールデンウィーク前半も終わるなー。
|ω・)


後半は東京にお出かけとなるわけだが。


予想外の出費のため、事前に予定を組んでいた別途積立金を見直す必要性に迫られることに。


そして、それが継続するかもしれない。
|ω・)


当初1年程度の積み立てで考えていたが、3年~5年の長期積立に変更せねばならなくなりそうだ。


で。


まあ、そんなことがあったからではないが、4月からは出費状況を確認するために、OPEN OFFICEで簡易家計簿を付けている。


CALCがEXCELと同じような感じで使えるので、計算が便利。




で。


ルナドン。


結果から言うと、彌介の血は絶えますた。
|ω・)


とりあえず、SSと経過を書いていくことにしよう。


クリックすると画像がおっきくなるよ。
|ω・)


アンゴルモア。
377年3月21日長連、ネクロマンサーとアンゴルモアと出会う


右画面端にいるのがネクロマンサー。


このネクロマンサーが曲者で、即死魔法を使うのだ。
|ω・)


当然知らなかったわしは。


「ふふふ、貴様など一ひねりにしてくれるわ!」と意気込んで戦って、戦死しました。
|ω・)


そして、跡を嫁の於永(元の名は光、姓が永田だったのであとで於永に変えた)が継いだ。


再び、例の場所へ
384年長連の妻於永、例の場所に到着


この時すでにPTメンバーの加藤孫八郎と再婚してました。
|ω・)テヘ


この時は戦うわけでなく、死体を確認しに行っただけ。
|ω・)


で。


即死魔法対策のための生贄用NPCをPTに加えて再び。


387年7月14日長連の妻於永、ネクロマンサーを倒す


生贄としてグギヤムが戦死したものの、見事に撃破。
|ω・)ノ


ついでに、アンゴルモアも倒しました。


387年7月14日長連の妻於永、アンゴルモアを倒す


ちなみに、グギヤムはちゃんと生き返らせたものの、元々性格が合ってなかったこともあり離脱しそうだったので、ダンジョンの罠にハメて、のちちゃんと埋葬してあげました。
|ω・)ヒデー


ちなみにPTメンバーで最後まで残ったのはヌーレディトだけだった。


そのヌーレディトもその後間もなく寿命で死亡。


こうして、ネクロマンサーとアンゴルモアを倒したPTで生きているのは、夫婦二人だけになった。


はっするはっするー。


子供を男女二人作りました。
|ω・)


そして、その後の話。


1.大碓寺長連と於永の子の長重・・・唯一の彌介の血縁だったが、犯罪者として死んだ模様

これには経過があって、於永と長重がPTとして動いていたある時、たまたま宿にいたNPCの装備が気になって、仲間にして、装備を確認。

「ああ、こういう装備もあるのか」と思って、PTから外そうとしたら。

その時たまたま依頼達成分があって、警告が表示された。

しかし、わしは「こいつは関係ないだろ」と思って、PTメンバーから外したら・・・長重が裏切った・・・。
|ω・)

こうして、離れてからわずか一か月後、長重はお尋ね者になっていた(ステータスから確認できる)

この時に、直ぐに引退して長重に繋いでいればよかったのだが、於永の装備を捨てたくなかったので、一度家まで戻ったが、この時には既に・・・ということである。

総額30万ゴールドの装備をケチったばっかりに、彌介の血は絶えました。
|ω・)


2.於永・・・その後、悪の道に染まって、NPCを倒しまくったが、ある時襲ったPTに倒され死亡


3.於永の後夫加藤孫八郎・・・お金を稼ごうと悪の道に染まったが、元々於永ほど強くなく、あっけなく死亡



というわけで、於永と加藤孫八郎の二児は成人してなかったため、別のNPCで途中プレイ。


その二つ目だったか、結城大二郎というNPCでプレイ中に長男の登場を待ったが、16歳の誕生日になっても宿屋に登場しない・・・。つまり、死んだもよう。
|ω・)


もう一人の長女玉子がなんとか成人してPTメンバーに入れる。


この時にプレイしてた結城大二郎には子供が出来なかったので、玉子に装備と金を継承したこともあり、結城玉子と姓を変えて、引退した。
|ω・)


まあ、彌介の血は絶えたが、玉子はネクロマンサーとアンゴルモアを倒した夫婦の血を引いているので、英雄の子という感じでプレイを続行する。
|ω・)


つか、結局彌介の血筋は地方最強モンスターすら倒した者は居なかった・・・。


で、時間は経ち。


409年10月27日於永の長女玉子が二代大碓寺彌介と婚姻


ちなみに、結婚まで色々あったのだよ。


元々14歳年が離れていたため、承諾してくれなかった(NPCの性格で年齢差があったら結婚してくれない者もいる)


しかし、大碓寺彌介に瓜二つだった(そりゃ同じ画像だし)のと、玉子が跡を継いで間もなく仲間になったのでどうしても結婚させたかった。


で、考え付いたのが「だったら、誕生日前に死亡させて、年を取らせないようにして、誕生日後に生き返らせたら」という悪魔のささやきが。
|ω・)


そうして、5歳差になってようやく結婚できた。
|ω・)ナガカッタ


玉子は結婚後に於結と改名させ、前夫の間に生まれた子はそのまま結城姓で残した。



ちなみに、今までの系譜。



彌介

秀子┳南蛮頭
┏━┛
長連┳於永┳加藤孫八郎
┏━┛ ┏┻┓
長重 顕滋 玉子(於結)┳二代目彌介
┏━━━━━┛ ┏━━━┻━┓
結城彦一郎 加藤孫八郎 大碓寺文子


という感じ。
|ω・)


さあ、これからはネクロマンサーとアンゴルモアを倒した於永伝として再スタートだ。


まあ、続きは書くかもしれないし、書かないかもしれない。


それはわしの勝手だ。
|ω・)



んじゃー、今日は終わりー。
|ω・)ノ





スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2013/04/29 17:23 | 雑記 | Comment (0) | Top▲
20130419
2013年04月19日 (金) | 編集 |
さてさて。


新しいところで3週間が過ぎた。


あんまり上の方に好かれない程度と思ってやってたら、むしろ嫌われてる感じかもしれない。
|ω・)


わしの思ってる通りだとすると、来年の契約ヤバいかも知れない。


とりあえず、契約終了→契約更新なし→サヨナラになることを、今のうちから覚悟しておこう。
|ω・)アキラメ ハヤイ ナ


で、今日は今日で、昔の関係の場所に行ったんだが、わしほぼガン無視されてた感じ。
|ω・)


まあ、わしが嫌いなんだから、好かれるわけないわな。
|ω・)テヘ


ただ、昔の仕事仲間に会えて、ちょっぴりうれしかった。


やっぱ、一緒に仕事してた仲間はいいもんだ。


一部を除いてだが。
|ω・)


で。


話を変えてルナドン。


大碓寺彌介の長女、大碓寺秀子に子供が生まれたものの、やはり成人前に死亡。


戦争中の町に入って、兵士を蹴散らしていて、MPが残り5しかないのに、MP5必要な魔法を使ってしまった。


「あ・・・」と気づいた時にはもう手遅れ。
|ω・)


家の増築費まであと7万Gというところで、死んでしまった。


そして、夫の大碓寺南蛮頭(なんばんのかみ、と読む)が継承した。


在りし日の大碓寺秀子。
356年3月8日秀子、シルフィードを倒す


少なくとも、父彌介は超えた。


そして、継承した夫の南蛮頭と子の長連。
362年10月5日南蛮頭と秀子との子長連


いい感じに育ってきている。


本当は家の増築→子供をあと二人作る→下の子が成長するまでに親子三人で悪魔を倒す。


っていうのを描いていたのだが、秀子の死によって頓挫した。
|ω・)


仕方ないので、親子二人で悪魔に挑むことにする。


さて、今後の展開として、南蛮頭を再婚させようかどうしようか悩むところである。


長連が普通に子を残せるかどうか分からないし、そうなると、継承キャラが問題になる。


NPCでやってもいいのだが、まあ、なんだ、思い入れが違うしな。



とりあえず、最後に現在の系譜を


彌介

秀子┳南蛮頭
┏━┛
長連



というわけで、今日は終わりー。
|ω・)ノ




---------------------------------------------------------------

2013/04/19 19:31 | 雑記 | Comment (0) | Top▲
2013年04月13日 (土) | 編集 |

さてさて。


ルナドン 第三の書


つづきー。


というより、またやり直してたりする。
|ω・)


で。


流石に、もう最初からは嫌なので、彌介が後継者を作らずに死んだとき、または彌介の血統が絶えた場合でもやり直しはせず、全く別のNPCのキャラで継承するとことする。


基本的に戦死の時は、そこに残された残アイテムを継承キーとし、寿命で死んだときには、その時点で装備していた武器を継承アイテムとし、見つけて装備することにより、継承キャラと認めることにした。


要は


戦死・・・戦死したマップ座標に一つだけアイテムが残されているので、これをゲットし使い続ける(装備)こと。

寿命・・・最後に装備していた武器をゲットして装備し、使い続けること


を継承キャラに義務付けることにした。


あくまで、彌介の血統が絶えた場合ね。
|ω・)


で。


実は待望の子供が生まれたー。
|ω・)パチパチパチパチ

330年5月11日彌介の長女秀子生まれる


彌介に付けた苗字の大碓寺は「だいうすじ」または「だいたいじ」と読むことにする。


で。


妻は家に閉じ込めて(彌介が戦死した時のため)、更なる子供をゲットするべく、家の増築費を稼ぐために働く彌介であった。
|ω・)

332年11月5日彌介、龍を倒せるまでに成長



とりあえず、今までは敏捷を重視して草履を装備させていたが、防御を重視する作戦に今回から変え、鉄壁のお守りを装備している。


これが、結構うまく行っていて、安定して狩れる。


最初からそうすればよかったんだね。
|ω・)


だが、子供が出来たからといって油断できない。


このゲーム、キャラに寿命が設定されていて、早いキャラは10代で死ぬこともあるからだ。


なので、出来るだけ子供を作らないと、あっという間に血統が絶えることも。


というわけで、増築費をせっせと稼いでいるのさ。




んじゃー、続くかどうかわからんが、終わりー。
|ω・)ノ





---------------------------------------------------------------

2013/04/13 22:38 | 雑記 | Comment (0) | Top▲
20130407
2013年04月08日 (月) | 編集 |
さてさて。


まあ、なんだー。


例の彌介・・・・何度もやり直しておるのだす。
|ω・)


とりあえず、これで最後ってことで・・・・多分10回目くらいやり直してるし。
|ω・)


まあ、あれだ。


無茶を結構してるので、死ぬわ死ぬわ。


そのたんびにニューゲームの繰り返し。


だが、本当にこれで最後だ。


これが駄目だったら、前途への道標に逃げるんだ。


だって、セーブでのやり直しあるし。
|ω・)



ってなわけで、最近の彌介さん。


くりっくするとおっきくなるよ。
|ω・)

326年2月14日彌介、恐竜を始めて狩る


ちなみに、相棒兼嫁予定の「朝倉琴乃」は元は単なる「琴乃」の表記だが、父親が「朝倉重次」だったので、苗字を付けてみた。


所謂ME版を適用させてるってことだす。
|ω・)


彌介も家をとりあえず建てられたら苗字を付ける予定。




さあ、どうなるか。


これが最後のプレイになるのか、それとも後継者を作れるか。




んじゃー、今日は終わりー。
|ω・)ノ






---------------------------------------------------------------

2013/04/08 00:16 | 雑記 | Comment (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。